約24時間周期の転写産物リズムを生み出す新たな転写後調節A-to-I RNA編集

吉種光
(東京大学 大学院理学系研究科 助教)

2016年1月6日水曜日

研究成果が論文の表紙に採用されました

新年明けましておめでとうございます。

12/15にも紹介した英国マンチェスター大学との共同研究の成果が医学系雑誌JCI (The Journal of Clinical Investigation: Impact factor 13)の最新号の表紙に採用されました。


雑誌の表紙を飾ることができたということで、この仕事が少しでも注目され、実際の応用研究が加速することを期待したいと思います。

「Keeping time in cartilage: On the cover」
http://www.jci.org